スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーザンのテーブルクロス。

スーザン(右端)が作ったテーブルクロスをご紹介。
(Made All by Susan)



この方はものすごく派手な色使いがお好みみたいなのですが、
またそれが素敵!なのです。

このテーブルクロス、近くでみるともっと素敵で、
赤の正方形の部分だけキルティングをしていないので、
そこだけ少しまわりから浮いた感じになって、趣があります。

テーブルクロスなので、中綿はごく薄いものを使ったそうなのですが、
それでも浮いた感じがかわいかったので、
そういうキルティングの仕方もアリなのだなーと
勉強になりました。

キルティングをしちゃうとしっかりとトップと中綿と裏布が
縫い合わされてしまうので、どうしてもペチャッとなっちゃうんですよね。

一度洗うと、でこぼこになっていい感じになるのですが。

スーザンのキルト
をもう一枚ご紹介。

_020.jpg

_023.jpg

_025.jpg

全体像を撮れなかったのが残念(泣)。

彼女はいつも、キルティング糸Sulkyという会社から出ている
刺繍用ミシン糸を使います。

キルティングには一般的には
キルティング用糸(コットン100%で普通の縫い糸より少し太い)
を使うのですが、少し光沢のあるような糸を使ってもすごく素敵です。


少し前にしたベスからいただいたお仕事でも
糸がきらきらしていて素敵だな~と思いました。
(Top made by Beth, quilted by me)

_032.jpg

_034_20100522232353.jpg

_035.jpg

刺繍用糸というと、キルティングには強度が心配でしたが、
どうやらそんなに心配しなくてもいいみたいです。

マシンキルトだから、ですね、きっと。

アメリカではバティック布が市民権を得そうなぐらい人気です。
これを使うと一挙に派手になりますが、
バティックならどんなものをどんな風に組み合わせても
それで何とかなってしまうのが不思議です。


*ランキングに参加しています*
*ぽちっとクリックしていただけたら嬉しいです*

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パッチワークキルト
ジャンル : 趣味・実用

* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。