スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルト芯の厚さ

さて。

*日本ではポリエステルのキルト芯が主流
*ミシンキルティング用のキルト芯は極薄

という情報を頂きまして(ありがとうございます!)、
こちらの、私が日頃使っているキルト芯の厚さをご紹介したいと思い、
写真を撮ってみました。

まずはコットン3種類。



一番上のがふわふわな芯ですが、ふわふわなだけあって密度が低い。
キルティング後はデコボコになりますが、洗ったらどうなるかは不明。
(すみません、試したことなくって)

一番底にあるのが、密度中間で厚さもキルター仲間の間では人気モノの
「Dream Cotton」さんです。
ちなみに私はこのDream Cottonさんの巻1つと…、

中央の一番密度が高くて、キルティングしているときは重くて
分厚い感じのする、でも洗うと柔らかくなって、ふくらみ、
Dream Cottonさんより値段の安い「Warm & Natural」さんの巻1つを…

通常ストックしております…。
(巻が2つあるってことですね。場所とってます、ハイ。)

それで、ポリエステルですが、
私はポリをほとんど使わないのでアレなのですが、
一応家にあったのをいくつか写真を撮ってみました。

標準の厚さのポリさん。



フェルトより少し厚めのポリさん。
しっかりしております。
使いやすいですが、少しごわつく。



ふんわり標準より薄めのポリさん。
キルティングしたてのキルトはフワフワですが、洗うとぺっちゃんこに。



そして、ウールの芯さん。



手触りもフワフワ感もすごくいい!
洗ってもぺっちゃんこにならない(らしい)!
でも厚さが極太のポリぐらいあるので、マシンキルティングはしにくいです。

さて、日本のマシンキルティング用芯はどんな感じですか?
ひょっとして服作りに使う芯のような薄さなのでしょうか???

日本にもポリ芯と同じようにコットン芯も出回るといいのになぁ。

ではまた~!
スポンサーサイト
* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。