スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分厚いキルト芯でのキルティング

前回、ヘビーなキルティングの場合、
キルト芯が薄めだとキルティングが目立たず、
あまりメリハリが付かないと言いましたが、
今回のタペストリーキルトはボリューム満点です♪

トップ made by Aさん。
キルティングよりアップリケがすごい!ですね(笑)
キルト芯はかなり分厚めのウールでした。

ちなみに珍しく作業途中風景も撮影してみました。
(Twitterにツイートしたので残っておりました)





すんごくキルティングに苦労したので
写真もいっぱい撮りました~。

































裏です。















で、たまたまキルト・ミーティングで今年のキルトショーに出品される
キルトの写真撮影をしてまして(CDに収録されて販売されるのです)、
Aさんと同じパターンを使って作られた別の方のキルトの写真を
撮らせていただけました。











こちらを作られた方は、パターンを全部使われて完成されたのですが、
Aさんは一部だけを作られたようです。

アップリケも感じも作り手が違うと感じが違ってきますが、
キルティングが違うとかなり印象が違いますね。
面白いです♪

ではまた!
スポンサーサイト
* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。