スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国アルファベット・キルト

学校が2日前にようやく終わりまして~、
ホッコリ~、という間もあまりなく、
キルトに励んでおります。

こういう感じのアップリケキルトです。


とりあえず、11月の終わりに受注した
韓国アルファベットキルトを年内に仕上げないと!
なので、キルティング仕事の合間に作業しているのですが、
作業一日目の幸せなことったら~♪


持ち歩き用の小さいPCで日本のドラマを見ながら、
ビールを飲みながら♪


ミシンテーブルの上で、Fusible Webという、
裏面に熱で溶ける糊(?)がついてる紙に韓国アルファベットの
トレースをしました。

トレースした後、大雑把に切り取って
布地の裏面にアイロンでくっつけて、熱が冷めた後、
トレースの線に沿って布地ごと切り抜いて、
裏紙を剥がし、アップリケする土台の布の上において、
またアイロンすると糊がとけてくっつく!
という仕組みになっています。

自分でアップリケが自由に作れるアップリケ紙みたいなもんですね。




Fusible Webは、いくつかの会社からいくつかの種類が出てるのですが、
一番気に入ってるのが、このペロンという会社から出ている
アンダーワンダーという商品です。
布屋で切り売りや、レターサイズに切ったものが
パッケージなっているものもあるのですが、
私の場合、アルファベットキルトでだかだかと沢山使うので
セールになっていた時に思い切ってボルトで買いました。

このアンダーワンダーは他社の製品に比べて
ミシンのサテンステッチでアップリケした後、
ゴワゴワしないのに、きっちり下地の布にくっつくのでいいです。
他社のは糊が強すぎてミシンの針が通りにくいほどのものもあったり
(ステッチがとびまくります、のでキルティングできないです)
同じく糊が強すぎて縫ってる間にミシン針に糊が溜まってきて
そのうち縫えなくなったりするものもあります。


で、作業2日目♪
土台の布がなかったので、切って切って切りました。
アイロンで大雑把に切ったアルファベットもくっつけました。


アイロン台にミニPCを運んで、またもや日本のドラマを見ながら♪
やはり言語と文化を知った上で見るドラマは理解度と思い入れ度が
全く違ってきます。
「結婚しない」をしばらく見てたんですが、
最終話だけ見れなくて、ドラマの展開から結末は予測できるものの、
ものすごくモヤモヤしています。
結局、カンノミホさんと、花屋でバイトしていたパリに行こうとしていた青年は
幸せな結婚をしたんですよね?
(名前がものすごく思い出せない!自分が信じられない!)
そして、子宮筋腫を患ったカンノミホさんの同居人(大家さん)は
手術はうまくいったのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!(>_<)

それで、「結婚しない」は諦めて 別のドラマを探しまして、
「99年の愛」というのを見つけたので、それを見始めました。
第一次世界大戦直前にアメリカに移民してきた日本人達の話です。
SMAPの草なぎ君と、仲間ゆきえさんがご出演の…。

ちょうど真珠湾攻撃直後に起こったJapanese Internmentの本や
原爆投下までのいろいろを歴史のペーパーでやったところだったので、
背景をよく知っていたから、理解度が高かったです。
日本人迫害も相当だったんですね。
中国人迫害もひどかったと聞きましたが、
(中国人に対しては移民規制の法令が出ましたが、
日本人に対しては法令での規制まではなかった)
あちらはどうだったんだろう…。
人間はエゲツナイことしますよね。
理不尽だ。
そして人はどうして歴史から何も学ばないんだろう?

なんてことを悶々と考えながら
(時々怒りで泣くことあるんですけど、怒っても仕方ないし泣いても仕方ない)
アルファベットを切り抜いて、土台に貼り付けていたところで、


キルティングを頼まれていたキルトを配達する時間になったので
家を出ました。
そしたらクリスマス・プレゼントで、ほら、こんな♪
近所の布屋の商品券♪
(あっ、いただいたのは1枚だけで、残りのは昨年からたまっています。
毎年誰かからいただくので)


アンド、布セット♪
「これを見たとき、Kyokoだと思ったのよ~」
なんて泣かせるお言葉。
でも同じもの3つも…。
ありがとうございます。


というわけで、キルトを配達したのと同時に新しいのをいただいたので、
韓国キルトは横において、キルティングをはじめました。
作業、明日に続く。

それにしても学校へ行き始める前は
こんな生活を毎日していたのかと思うと
自分が腹立たしいやら。
人とは失って初めて有難さがわかる生き物なんだな、と
つくづく思う次第でございます。

ではまたっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。