スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問:「針が折れます」

こんにちは。

「キルティングのビデオを見て、キルティング練習を始めたところ、
ミシン針が折れるのですが…」というコメントをいただきました。

ミシン針がキルティングの途中で折れるのは、
ミシン針が落ちるタイミングと布を動かすタイミングが
あまりにも合っていないために起こります。

説明が下手なので、イラストを描いてみました(↓)。



針折れが続出する場合は、ミシンをゆっくり動かしすぎている可能性があります。
ミシンがゆっくりすぎるのに、サンドはミシンより早く動きたい、
タイミングがチグハグすぎるのです。

プロ中のプロのキルター(キルティングする人)は、
針が折れなくても、やはり上記の理由で、
目に見えない程度でも針が曲がっている可能性が高いので、
キルト1枚キルティングする度に針を替えます。
少しでも曲がっている針を使っていると、
次のキルトのキルティングに支障がでる場合があるからです。

(私は折れるまで使います。ほほ。)

もし「波状を描くのも難しい」ようであれば、
とにかくミシンの針の動きと自分がキルトサンドを動かすタイミングを
自分が覚えるのが大切だと思いますので、パターンを描くことは忘れて
直線でもなんでもいいので、「布を動かしながら縫う」ことに重点を置いて、
そこに慣れることに集中してみてください。

慣れれば針は折れなくなります。

ミシンはあなたを食べません!
怖がらないでドシドシ練習しましょう~!

さて、文字ばかりで写真が1枚もないと寂しいので、
何か載せるものないかなーと探してみたら、
こんなカワイイのがありました。

キルトサークルのメンバーさんが作られたのですが、
マトリーショカの家族!
お孫さんがマトリーショカのファンで…、ということでした(^-^)。
かわいいですね~。













ではまた~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど!

とても分かり易い説明で
ありがたいです・・・。

ところで、リアデイさんが、キルトサンドを動かすときに
手袋をするのはあれは、生地をしっかりと押さえて
任意の方向へ確実に動かすという
目的のためですか?

また、キルティングには色んなパターンの
曲線ラインがあるんですが、フリーハンド
ですか?

あんな複雑なのを?と思ってしまいます、、。

No title

ミシン針折れの原因をとてもわかりやすく(しかも図入りで)説明して頂きありがとうございます。
そうですね、まだまだ糸幅も乱れまくってる状態なので、自分でコツをつかめるよう練習のみですね。
今までは手元スイッチでミシンを動かしていたので、足で調節しながらミシンを動かすのも慣れてない原因の一つだと思います。v-12 色々これからもよろしくお願いします。
「ミシンはあなたを食べません!」を教訓に今日も頑張ります!ファイト

Re: なるほど!

かふぇまるさん♪

手袋は、手の平からの油脂からキルトを守るためと、
そうです、生地をしっかり抑えて動き易くするためですね。
私も時々手袋します。
なんだかすごく手が汗をかくときや、
手が乾燥していて、しっかりキルトサンドをつかめなくて滑ってしまう時。
私のキルト用手袋には滑り止めのイボイボがついてます。

でも手袋をしてしまうと、サンドからの感触が鈍って
裏側で何が起きているのかわかりづらくなるので、
手袋は滅多にしないです~。

キルティングパターンは、リアディさんの場合は完全フリーハンドですね。
頭の中にしっかりした図案があって、それを簡単にキルティングで描ける方なのでしょう。

一般的には複雑なのは下絵を描かれる方が多いと思います。
(細かい下絵でなくても、おおまかなラインとかスペースの割り振りぐらい)

あとは簡単にコンピューターキルティングマシンをお使いの方も多いですね(笑)
(コンピューターがキルティングしてくれるのですわ)

それでは今日もがんばろう~★

Re: No title

るみ子さん♪

針折れの原因、納得していただけたらよかったです(^-^)。
はじめは、ダカダカ動くミシンが怖いですよね。
私も最初はコントロールできなくて「ひえー!!ミシンが勝手に動くー!暴走するー!」
(自分が動かしてるくせに)とか、よく思ったものです(笑)

手元スイッチでミシンをお使いだったのですね。
キルティングするようになると、両手を使うから、足が便利ですね~。
慣れることが多くて大変ですが、ゆっくりがんばってくださいね。

わからないことがあったらご遠慮なく~!
わかることなら何でもお答えいたしまっす(^-^)。

Re: No title

こんにちは。

ミシン針は大きく分けて、家庭用ミシン針と工業用ミシン針があります。
売っている針が日本でもアメリカでもイギリスでもフランスでも、
SCHMETSという会社と、ORGANという会社から出ている針なので
世界中共通なはず。
SCHMETSの針にはUNIVERSALと書いてありますし、
それだと確実に世界共通だと思います。

私は以前、家庭用ミシンを使っていたのですが、
今は工業用ミシンを使っておりまして、家庭用ミシン針も使えるのは使えますが
ミシンに合った針を使わないと糸が切れやすくなったり、折れやすくなったりします。

ちなみにボビンケースはミシン会社ごと、または製品ごとに違います。
ボビン自体は家庭用と工業用で違ってきます。

では!
* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。