スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹繊維のキルト芯 -Bamboo Batting -

さて、前回に引き続き、キルト芯のお話です。

テクノロジーが発達した結果でしょうか、
最近、いろいろな種類のキルト芯が市場に出回っております。
目新しいのは竹の繊維で作られたキルト芯。
(竹繊維50%+綿50%・洗濯時の収縮率2~3%なのでほとんど縮みなし)

竹の前はプラスチックボトルのリサイクルから生まれたキルト芯なんて
ありましたが(今もあると思う)、未だ使ったことも
使っている人に出会ったこともありません。
色は薄い緑色でした。

というわけで、この間、竹のキルト芯を初体験することができました。
↓こんなパッケージに入ってました。




左側が竹で右側が綿です。
比較してみましたが、見た目はほとんど変わりません。
手触りは、竹の方がツルッとしています。
「私、竹ですから」という感じでした。




この竹芯(*竹の繊維で出来たキルト芯を省略してみました)を使って作ったキルトが
ま~た、アナタ!

こんなコカコーラ・キルトのだったのですが、
(4分の1に折りたたまれております)



















トップに使ってある素材がニット素材のように伸縮性があり、
ご覧の通り、ミンキーで(ボワボワしています)
しかも、化学繊維で(ポリだかエラだか知りませんが)
手触りはツルツル・モコモコしているので非常によいのですが、
キルティングには泣きました。

キルトトップも竹芯も裏布もツルツル!
しかも伸びる!
経験値があがったので、よかったと思いますが、
どれだけやりにくかったか…(遠い目)。

あまりにやりにくくて失敗するかと思いましたが、
なんとかいけたのでよかったです。
でもキルティングパターンは「ミーンダリングしか無理」と思いましたね~。
(ミーンダリング=基礎で一番カンタン)

新タイプのキルト芯といえば、こちら。
特に新商品ではないのですが、キルトサンドの中に挟んでアイロンをかけたら
糊でくっついて、ピン打ちもしつけもしなくてもいい!という
ポリエステルのキルト芯もあります。




これは「ほんまにくっつくんかいな~、ほんまにピンせんでもええんかいな~」と
不思議でしたが、ホンマにくっついてました、ピンも要りませんでした。
キルティングの間もずれませんでしたし、ちょっとゴワ?としてるかな、と思いましたが
お客さんの話によると、一度洗ったら全然問題なしなんだそうです。

大きいのをキルティングする時は、サンドの層がずれるのが
一番問題なので、これは便利やなーと思いました。

あと、くっつくキルト芯自体ではなく、普通のキルト芯を布にくっつける
布用スプレーボンドなんてものも売っておりますね。




キルティングを仕事にしているおかげでいろいろ体験できます~。

というわけで、今回もキルト芯の種類のお話でした。
ではまた~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほーほー。

竹って、竹なんですね。
なぜ竹?
竹で作ってみたかっただけとか?
自然素材だから?

私はよく片面接着芯や両面接着芯や
糸のタイプで溶けて接着ってのもあるので
よく使います・・・。

ずれないのは助かります(笑)

もっと幅広のがあればいいなぁと思います。

Re: ほーほー。

かふぇまるさん♪

そうなの、あの竹。竹なのよん。
手近にあった素材で何でもやってみたかったんでないかな?
(いや、ビジネスなんだからそんなわけはない(笑))

日本は竹の宝庫だから、日本こそ、ポリの代わりに竹をやってみればいいのにね?

接着できるキルト芯って、普通のキルト芯に比べて高くないです?
(なんでも安くあげようとしてしまう私…おほほ)

No title

はじめまして。

私は、ミシンキルトをはじめて2年ほど。
こちらの記事は参考になることばかりです。
じっくり時間をかけて読んでいます。

動画は大変参考になりました。
実際のキルトの密度や、ピンの間隔など、イメージがつかめました。
ありがとうございました。

竹のキルト綿なんて、おもしろいですね。
またいろんな情報を楽しみにしています。

No title

キルト芯色々あるんですね、今頃気付きました。汗・・・笑 
ところでお聞きしたい事があるのですが
ミシン糸は何を使っていますか? 
今までカラー糸(ミシン屋さんで買った物)を使ってフリモしていた時には、まったく糸が切れる事は無かったのですが、今日直線縫いで白糸を使ったら上糸が切れちゃうんです。涙
針穴の所からすれて切れちゃう感じなんです。
やっぱ安い糸は×ですね・・・・・

Re: No title

くらげさん♪

はじめまして、コメントありがとうございます(^-^)。
ブログ、楽しんでいただいているみたいで嬉しいです。
最近まで日本のキルト業界がどんな風なのかさっぱりわからなかったのですが、
最近みなさんのお陰で少しイメージがつかめてきました。

また遊びにきてくださいね&日本の情報もお待ちしております~!

Re: No title

るみ子さん♪

そうなんですよ、いろいろありますよん(笑)
メーカーもいろいろですよね。

ミシン糸はCoats & Clarkのキルティング用コットン糸が一番多いかな。
でもこれも最近質が悪くなってきてるような気がするんですよね。
ミシン糸のはずなのに、平気で途中でくくってあったりするし、げさげさにささくれってたりするしで
替えたいのですけど、なかなか値段的にも合うのがなくて、
しかもCoats & Clarkの糸はキルター達の間で広く受け入れられているし…。
私のベストはAURIfilなのですけど、お値段が高い~!

しかし個人的にはポリ糸の方が強くていいと思うのですけど、
どうもキルト糸=コットンというイメージが定着しているのかもですね。

そうですね、安い糸は切れやすいですね~。
フリモではどうしても糸と針の摩擦が大きくなりますので、切れやすいですが、
直線縫いで切れるとは余程………かなぁ……(汗)。
針の太さと糸の太さが合ってなかったり、上糸のテンションがきつかったりすると
切れやすいです。
あと、上糸と下糸を違う糸使ってたりしても切れやすい。
例えば上にコットン使って下にポリ使ってるとか。

がんばってください~!
* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。