スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザイン・キルト

ご無沙汰しております…。
一ヶ月以上、更新していないとトップに広告がでるのですね。
放置したから、中身が変更になってしまったのかと思って驚きました(汗)。

最近、デザイン・キルトのレートを変えました。

キルティングの仕事は
1ydsq(Yard square)/(1平方メートルより少し小さい)○ドル、と
キルティングの種類に関係なく大きさによって値段をつけていたのですが、
普通に全体を同一のキルティングパターンでする場合と、

このようなタペストリーで、

_086_20100625131313.jpg

_089.jpg

_091.jpg

_094.jpg

いかに内容を引き立たせるか、を求められるものでは
かかる時間が全然違ってきます。

キルティングの仕事を始めた頃は、「勉強!」と思い、楽しかったせいもあり、
値段を普通のキルティングと同じにしていたのですが、
最近、この手の仕事が増えて増えて…。

時間給でいただくことにしました。

このタペストリー、裏話がありまして。
まだレートを変更する前にいただきました。
大きさで換算すると、10ドル以下(泣)
時給にすると…40ドルぐらいかな。
大きな違いです。

お客様曰く、
「もう2年ぐらい家に放ってあるから、とにかく仕上げて、
友達にでもあげたいのよ。
どうでもいいから終わらせたいの。」

そして、キルティングする前のキルトトップは
お花達も布用ボンドでゆるく貼ってあっただけだったので
ボロボロはがれてて。

「とりあえず、花をはがれないようにすることはできる?」

”どうでもいい”と言われ、値段が安いからって丸投げですか?
(安いのです、私のレートは…)
と、少し不愉快になりましたが、
「アッ!!と言わせてやるぅ!」とその時思いまして、
無事にアッ!!と言わせることに成功しました。

完成したものを納品したときにもビックリしていただけましたが、
その後、家でご主人に見せたら、いたく気に入っていただけたそうで、
”友達にでもあげたい”キルトは、ご主人のオフィス(歯科医)に
飾られることになったそうです。

それで、ご主人に「10ドルしか払ってないのか!もっと払え!」と
言われたそうで、追加で60ドルいただきました…。
(なんだか博打な世界だなぁ…)

それからまた、別のお仕事を3枚いただきまして、
来週月曜日に納品なのですが、今度は時間給でいただけるので、
気持ちよ~~くベストを尽くして完成しました。

メールで「できました」の連絡にお返事いただきまして、

「 Thank you so much.  I have gotten so many complements on your quilting on the piece that you did for me.  You really have an artistic flair for quilting.  I can't wait to see the other pieces.  Thanks again.」
「どうもありがとう。あなたが私のためにしてくれたキルトのキルティングに、本当にたくさんの賞賛を得ています。あなたには本当にキルティングのアートな才能があるわ。他のキルトを見るのが待ちきれない。再度ありがとう。」(←なんか、カタイ訳ですみません)

本当にアッといわせられたのだなぁ、と満足しています。

オーッホッホッホッホ!!!
(最近までYoutubeで”白鳥麗子でございます”を見ていたのでつい。)

キルティングは本当にキルトを変えます。
せっかく手間隙と愛をかけて作ったキルトトップを活かすも殺すも
キルティングにかかっていると思います。

実はこのタペストリーにはもう一つ裏話がありまして。

これをキルティングするとき、嫌なことがあって、
怒っていたのです…。
その怒りをこれにぶつけ…
ミシンの足(フットコントローラー)もガンガン踏んでっ、踏んでっ、踏んでぇ~!!!
手も動かして、動かして、動かしてぇ~~!

このような仕上がりになりました。

さ、次もがんばるぞっ。

*ランキングに参加しています*
*ぽちっとクリックしていただけたら嬉しいです*

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パッチワークキルト
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロですね

ここのところ更新がなかったので、
体調を崩されているのか、、、と心配していました。
東海岸は猛暑ですよね。
私は、夏の前に夏バテ気味です。

キルティングのプロですね。
花瓶のお花が浮き上がったようで、
とてもきれいです。

お花のところが糊付け?想像できませ~ん。
全然縫ってなかったのですか?
その時点で、その人の作品ではないような気がします。
そこにステッチもかけたのですか、、、
キルティング代+トップ代も請求できる気がします。

私もブルーな時、
ミシンやクラフトをすると心が癒されます。
ミシンやクラフトに熱中して、
不思議とブルーな事忘れています。
そんな時の作品は、ひどいものが多いのですが、、、

Re: プロですね

金魚さま


> ここのところ更新がなかったので、
> 体調を崩されているのか、、、と心配していました。

ご心配をおかけしてすみません。
他のことが忙しくて、なかなか更新まで辿り着けず、
”とりあえず写真は撮っとこ!記事は後でぼちぼち!”と、
写真ばかり溜まってゆきまする(笑)

> 東海岸は猛暑ですよね。
> 私は、夏の前に夏バテ気味です。

ほんと、暑いですね!
まだ6月なのに!(もう7月ですが)
ヴァージニアでは「7月8月になっても、もうこれ以上は暑くならない」とか
みんな言ってますが…。ほ、ほんとかしら(^-^;)。


> キルティングのプロですね。
> 花瓶のお花が浮き上がったようで、
> とてもきれいです。

ありがとうございます!

> お花のところが糊付け?想像できませ~ん。
> 全然縫ってなかったのですか?

こっちのクラフトって、とにかく「簡単・速い」がとても重視されますよね。
布も紙と同じ感覚で、布用ボンドを使って、切って貼って…というのは
よくみます。
日本みたいに「アップリケは端を折り返して…」が当然、というような
考え方がないですね~。
もちろん、ニードルターンが好みの人はたくさんいますが。
私も簡単なのが好きなので、Fusible webは必需品です。
このお花の彼女はFusible webも使ってなくて、ただボンドで貼ってあっただけでしたので、
糊が中心しかついてなくて、端がぺらぺらしてました。

> その時点で、その人の作品ではないような気がします。
> そこにステッチもかけたのですか、、、
> キルティング代+トップ代も請求できる気がします。

「その人の作品ではない」というのは、私もそう思います。
次の記事でそれについて触れたいと思います~。

> 私もブルーな時、
> ミシンやクラフトをすると心が癒されます。
> ミシンやクラフトに熱中して、
> 不思議とブルーな事忘れています。
> そんな時の作品は、ひどいものが多いのですが、、、

ブルーな時に、熱中できるものがあるのは幸せですよね。
私はキルトやソーイングがないと、アルコール(好き)に走りっぱなしだったり
友達捕まえて愚痴る機会が多くなったりしてると思います。
そうならないようにできるのは、ラッキーだと思います♪
* Profile *

Kyoko

Author:Kyoko
アメリカ・ヴァージニア在住。40代で大学に通っています。
アメリカでマシンキルトの面白さを知って、ハンドメイドサイトでキルトや小物を販売するようになりました。
年をとってから大学に通うことの楽しさ&苦しさやハンドメイドショップを通しての人とのコミュニケーションの楽しさなどを綴っています。

WebSite - ::momonmo::
- My life with quilts -



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

* 最新記事 *
* つぶやき * Twitter *

Kyoko < > Reload

* Bookmarks *
* カテゴリ *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。